ごあいさつ

平成10年4月、恒仁会グループの前身となる田中クリニックが開設され、平成15年4月、医療法人社団恒仁会が開設されました。
その間、クリニックでは地域医療に重点を置き、地域の方々が住み慣れた地域で生活を継続するための手助けとなるよう尽力して参りました。
高齢化が進み、医療だけでは生活を継続させる手助けとして不十分で、まだ出来ることがあるはずと考え始めたところに介護保険制度が導入され、我々にできることは何かと模索し、在宅支援をしていくことが開設当初の理念であることから、平成19年3月、小規模多機能型居宅介護プラタナスを開設致しました。小規模多機能は、在宅介護の真髄とも言える制度で、職員一同が目の前の方に全力投球をできる、そんな事業所になるよう尽力して参りました。周囲を取り巻く環境は高齢化のみならず、核家族化による高齢者世帯の増加もあり、在宅介護だけでは地域を支える社会福祉資源としても不十分な環境となり、平成23年11月、社会福祉法人恒仁会特別養護老人ホームオークを開設致しました。
法人理念に『住み慣れた地域で地域との交流を大切にし、健康管理を行いつつ、個人の意思を尊重して、柔軟性のあるサービス提供に努める』を掲げさせていただいておりますが、この理念の中に重要なキーワードが三つ入っております。地域・医療・尊厳です。

一点目の地域について。地域医療に携わり、又、在宅介護をさせていただく中で、我々だけでは補えないものが多々有ることに気づき、地域の方のお力をお借りしたり、ご迷惑をお掛けしたりして、地域の理解と協力なくして地域福祉の向上は成し得ないものだと考えました。

二点目の医療について。母体が医療機関である私どもは、医療だけでも介護だけでも超高齢化社会を支えていくことはできないと切実に感じております。医療・介護が密接に連携し、職員が専門的な知識を有し、如何なるケースにおいてもオールウェイズ・セイ・イエスの精神を遂行できるような環境づくりも重要な課題だと考えております。

三点目の尊厳について。言うまでもなく介護が必要となっても最後までその人の尊厳が守られるよう支援するのが我々の本分だと考えております。我々の施設で行うサービスだけでなく、地域の他機関へも発信し、どこのサービスを利用しても変わらぬ質を、介護サービスの底上げを図っていくことが使命だと考えます。

以上、三点を重要課題に掲げ、我々恒仁会スタッフ一同、地域福祉の一翼を担えるよう、日々、研鑽を重ねてまいります。
略儀ではございますが、以上をもちましてご挨拶と代えさせていただきます。

社会福祉法人恒仁会 理事長 田中暢之

事業所理念

  • 私たちは、利用者様の居場所を常に見つけ、家で行う当たり前なことができるようにつとめます。
  • 私たちは、利用者様の喜怒哀楽を共有しながら、一緒に歩みます。
  • 私たちは、相手の立場になり考え、常に信頼されるよう努めます。
  • 私たちは、利用者様、家族様、地域の皆様と協力し、地域性を生かした生活を支援します。
  • 私たちは、すべてのスタッフと連携し、チームワークを大切にします。

運営主体

社会福祉法人 恒仁会

〒504-0021 岐阜県各務原市那加前洞新町4-22
TEL. 058-216-7109  FAX. 058-216-7009

  • 施設見学・利用体験申込
  • よくあるご質問
  • 恒仁会について
  • 情報公開
  • 田中クリニック
  • 認知症対応型共同生活住居「グループホーム トリア」
  • マグノリア
アルバイト・パート募集中
▲ページの先頭へ